サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

それにつけても

 もう、なんだか最近色々と忙しくて、ブログを更新している暇がありませんでした。仕事関係なんですけど、ほんっとにストレス半端なかったです。

 

 しかし、それにしても、その仕事関係…。詳しいことは書かないんですけど、登場人物がほんっっっっっっとにおっさんばっかりなので、改めてびっくりしました。

 世の中の責任ある仕事シーンに、女性はほとんど登場しない…。まあ、登場することは登場するけど、お茶運んでくれる事務員さん、ぐらいの登場の仕方です(苦笑)

 

 それで、そのおっさんたちが全員賢い対応するかというと、全然イケてなかったりするわけです。要するにおっさんだからといって、気の利いた対応になるわけでもない、ってことです。

 それなのに、女性を排除する意味がわかんないという…。

 

 この登場人物の半分が女性だったら、私もこんなにストレスフルなこともなかったろうに…とか思ってます。ふぃ~……。

 まあ、もう、解決済みなので良いんですけども……。

 

 そういうときは、まあ、音楽でも聞いてくつろぎたいと思って。

だいたい、私の好きなのはやっぱりR&Bなんですよね…。相変わらずアイチューンに毎月課金してるんですけど。

 KEMさんが最近のお気に入りで、電車の中とかでよく聞いています。

 

 ブルーノ・マーズとかもノリが良いのでよく聞くんですけど、普通にR&Bとかヒップホップっぽいのに、カテゴリー的にR&Bじゃないんですよね…。ポップのジャンルなんだわ…。

 あれですかね、R&Bって、黒人じゃないとR&Bになんないんですかね?

 

 BTS防弾少年団)も、最近全米トップになったアルバムって、プロデュースしたのがほとんどがR&Bの人たち(当然黒人の人たちですけど)なのに、それ自体はジャンル的にR&Bじゃないんですよねえ。不可思議だわ…。

 

 しかし、最近はR&Bっつっても、ラップっぽいのが多くて、ちょっと閉口しています。メロディアスなんが好きなのに、ラップってなんだかお経みたいですもんねえ…。曲がないし、そもそも何ゆってるのかよくわからんし…。

 こんなのに比べたら、BTSは相当良いですよ。そもそも曲がいい。まあ、ラップっぽいのもあるけど、全部じゃないし。

 

 音楽に人種の壁があるみたいなのも、何だかなあ…って思いました。