サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

デトロイトビカムヒューマン

 朝っぱらから、コンビニに行って、テレビブロスを買ってきました。それが、あんまりにも足が痛いのでその足で病院に。なんと、小指骨折ですわ。昨日の晩にタンスの角で足の小指をぶつけてしまって。

 まあ、よくあることなので放置してたらこんなザマに。

 

 いや、テレビブロスは「おっさんずラブ」の田中圭特集で、ヤプトピで発行前に重版出来っていう(笑)そんなにすごいことなら、ちょっと買いに行こうと思いったったのでした。しかし、これ…店にたどり着くのかと思うほど足が痛くて(苦笑)

 まあ、その後、病院で思いっきり待たされたのでちょうどよかったです。

 

 …田中圭ファンの人にはまあ…いい内容だったんでないかと思います。ドラマでのなぞの良いからだは、撮影前にパンプアップしたそうですけど、このグラビアの田中さんは全然普通でした。そこらへんの兄ちゃんが暑いから脱いじゃったよ~的な?(笑)なんていうか、へその穴の深いのには感心しましたけど…(謎)

 …病院の待合で見てもまったく別に差し支えなかったです。

 

 しかし、林遣都とか、吉田鋼太郎とかのインタビューもちょっとはあるのかな?とか思ったけど、もう全くゼロです。私はコンビニですっと買えたから「こんなもんかな?」とか思ったけど、予約してまで買ったとしたらちょっとガッカリかも…(笑)ヤフオクにでも出そうかしら…。

 

 それにしても「デトロイトビカムヒューマン」ですよ。

これが超面白い。洋ゲーですけど、アンドロイドが今で言う移民がやってるような、そういう3Kの仕事を始め、いろんな職業のために「買われて」仕事を与えられている近未来の世界で、アンドロイドのAI知能がとうとう「感情」まで習得し始めた、って話なんです。

 

 中でも、アンドロイド捜査官のコナーが冷たくて、知性的で、人間に忠実なんですけど、段々とアンドロイドたちに同情し、自分でもわからないうちに自分の感情を押し殺さざるを得ない葛藤に苦しむ。

 って話にもう、なんだか、キュンキュンします。

 以前におんなじ会社の「ビヨンドツーソウル」も見て、相当面白かったんですけど、これまたそれに引けをとらないくらい名作じゃないかと思います。

 

 なんか、「おっさんずラブ」のときに脚本家の人が「言葉に言うことと心がまったく違うのは、日本独特の表現」みたいなことを書いてましたけど、いやいや、コナーが全くそうやん!!っていう…(涙)

 このゲームのこと色々書きたかったけど、おっさんの話で半分書いてしまったから、またあとで!!(苦笑)