サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

ひそねとまそたんと#metoo

 それにつけても深夜アニメですよ。「ひそねとまそたん」先だってから始まったんですけど、絵柄が可愛くてきれいなので、とりあえず見てることは見てるんですけど、お話が酷いセクハラで困っています。

 

 ひそねっていう女の子の自衛官がいて、まそたんっていう怪獣でジェット機っていうのに乗れることが判明するんです。その上司が2回目から出てくるんですけど、激しくセクハラなんです。ひそねを触りまくるし、それに戦闘スーツがTバックっていう…。

 なんかね、そいつに樋口真嗣っていう、50過ぎのおっさんの監督の顔が透けて見えて、ものすごく気色が悪いです。絵が可愛いのに話が50過ぎじゃんっていう…。

 

 もう、50過ぎたおっさんは、ダメだと思います。

 

 せんだってから、財務省の事務官だかのおっさんが、テレ朝の記者にセクハラをしたって話で持ちきりなんですけど、こやつも60歳手前。

 今現在、40過ぎてる女性で、会社とか社会生活でセクハラを受けていない人っていないんじゃないかと思います。主な加害者は50過ぎのおっさんですわ。この50過ぎのおっさんは、若い頃からセクハラしまくってて、いまだかつて反省したことがなかったせいか、2.30年前から今の今まで、ずーーーーっとセクハラし続けてたってことが今回判明したわけですが。

 

 Yahooとかでコメントして、福田某とか麻生とか支持しまくったり、ハニトラとか言ってるのは、主にこういう人たちじゃないのかな?とか思ってます。首筋がひやっとしてしまって、必死でコメントしてるんじゃないかと思います。

 別にレイプしたわけでもない、この福田某が、「この程度の戯言」で仕事を首になって、もしかしたら退職金まで棒にふりかねないと思うと、ゾッとしてしまって、そしたら自分のやったことがこういうふうに断罪される可能性だってあるんだと思うと、そういう前例を作らないために必死で「活動」してるんでなかろうか。

 

 まあ、ことほどさように、一般オヤジを巻き込んで、必死で抗弁しなきゃいけないほどありふれた話しってことなんですけども。

 しかし、こういうオヤジをかばう女も、また居たりするんですよね。ギリシャ喜劇で「女の平和」とか言うのがあって、戦争に反対する女たちが、団結して男たちに抗議してストライキする話しなんですけど、必ずや裏切る女が居て(笑)

 

 社会的に弱い人が強い人につく。全体の利益よりも個人の利益。そういう人がいるのは世の常ですからね。あれですよ、カトリーヌ・ドヌーヴみたいな人ですよ。女で得したか損したかで見たら、彼女はそうとう得した人なんでしょうねえ(笑)

 美人で賢ければ、そうとう得すると思いますけど、美人で賢くなければ、そうとう損する、ってことですかね?(苦笑)