サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

高畑勲さんのこととか、 相撲のこととか

 先日、アニメの高畑勲さんが亡くなったそうです。もうかなりなおじいさんだったから、それはそれで天寿を全うされたのだとは思うんですけども…。

 しかし、宮崎駿さんはショックだったでしょうねえ…。これでガックリしなきゃいいんですけど。宮崎さんが稼ぎまくってくれたおかげで、好きなアニメを潤沢な資金で作れたんですから、幸せといえば幸せなアニメーター人生だったんでないでしょうか。

 「かぐや姫の物語」は、ホントーに金がかかってたわ(笑)

 

 大学時代に、アニメオタクの友達たちと「太陽の王子 ホルスの大冒険」を大学祭で上映したのもいい思い出です。私はさっぱりよくわからなかったんですけど、当時、彼らがこれほどのアニメの名作はない!!とか、いうんで…(笑)

 実際当時も見たことは見たんですけど…っていうか、なんか小学校のときに講堂でやった上映会で見たような気がするから2回め見たわけですし、上映会をした訳だからそれから何度も見たと思うんですけど…断片的にしか覚えてません…(苦笑)ただただ東映アニメだよなあ~みたいな感じ。

 今見たらまた、違う感覚があるんでしょうかね…。

 

 そうそう、相撲ね。相撲の土俵に看護師さんが登って、市長さんに心臓マッサージした話。人命第一、って話で炎上してるそうですけど。

 逆に人命が大事だから、別にその時は女性は上がっていいよ、っていうことなんであれば、そもそも女性禁止にする必要ないんでは?なんて思いました。これは良いけど、これはダメ、ってそれ。全く一貫してないっていうか。

 それほど頑なに神事だからどうだとか言うのであれば、今回の女性が登ったことについても、ものすごい祟とかあるんじゃないですか?なんてね。それに、公益法人で税金が入ってるんだったら、余計に全員平等でないといかんのでないでしょうかね。

 まあ、私は別に土俵に上がりたいわけでもないし、これからも上がることは一生ないでしょうけど(笑)

 

 おそらく、相撲協会にしたって、何にしたって、今までやってきたことを変えたくないんでしょうねえ。トシを取ってくると、気がつくと毎日がルーティンになってて、それが心地よくなってるんですよね。

 何しろ考えなくて良いし、毎日の道程がはっきりしてて、迷わないですからね。新しい問題を超えなくても良いのは楽ですよ。しきたりはすでにもう、どういうときはこうしろ、と決まってるし、それに従っておれば誰からも文句は言われない。

 

 最近はしきたりを守っていても非難される時代だし、下手したら全世界的に炎上してしまいますからね。ぼんやりしてたらダメだと思うわ。