サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

そんなに大変なことなのか

 先だって、成人の日に晴れ着を着付けてくれる会社が計画倒産した、とかいう話がニュースで出ていましたが、成人の日がそんなに大層なものだということに改めて感心しました。

 

 私も昔、成人したんですけど(笑)親に成人の日に行くのか?とか聞かれて、「え?行けへん」とか軽く答えた覚えが。もう、はなっから全然行く気がなかったんですけども(苦笑)

 

 だいたい、自分から志して、市長とかなんかよくわからないおっさんたちの講話なんか聞きたくもないし、丸一日も時間のむだすぎるし、その他に楽しいことが一杯あったので行かなかったと思います。同窓会的な感じもあったのかもしれませんけど、仲の良い友達はそんなものでわざわざ会わなくても日頃会いますしね。

 

 まあ、そんなわけで成人の日に参加できないことが、そんなに泣くほどのことなんだ!!とか思って逆にびっくりしました。そうなんだ…。なんか人によって価値観が違うからね。ただ、価値観だけのことでいえば、一般的な価値観を持つことって悪いことじゃないと思います。

 なにせ、世間一般の半数以上が考えている方に自分が属しているってことは、安全安心な人生を送るのにうってつけですからね。まあ、逆にそれに属していないと生きにくいってことになるかな。

 

 そういえば、大晦日にチラッと「笑ってはいけない」を見ました。ちょうどベッキーが蹴られているところでしたけども、チャンネル変えたらちょうどやってて、もしかして紅白で演歌やってるときだったんじゃないかな?(笑)

 あんまりにも痛そうで、全然笑えなかったです。普通に「痛いじゃないか!」とか言い返せるほどの痛さじゃなかったら、ちょっと笑いになりにくいんじゃないかと思います。

 

 熱湯風呂でもちょっと熱い程度だから笑えるので、全身やけどだったら笑えないのと同じかな。こんなもんで笑える人の気が知れない。あっ!これについては、世間の大半の人の意見と同じだ(笑)

 あと、黒塗りのネタは見てなかったけど、正直このご時世でそんなネタをするだなんて、どうかしてるよね。黒塗りについては、もう、ステレオタイプになってるし、西洋的には脊髄反射的に「アウト!」だろうと思います。それに、そもそもそんなことしたって、ちっとも面白くないのでいずれにしてもアウトでした。