サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

絶望の淵

 今日は、くだんの資格試験の発表日でした。合格だったら官報に載ってるはずなんですけど…。…ああ、ううう…。ないわ。ない。

 ここのところ、リーチになってから長いので、周りの人は全員私がリーチだってことを知ってるし、仕事関係の人はその結果が官報に載るのを知ってるので、ダメだったことはわたしの報告なしにわかってしまうという、ある意味情けない状況でもあります。

 

 それにしても、どうしたものか。合格したら社労士の勉強を続けようと思っていたけど、けっこう勉強もしたのでもったいないし、これがいわゆるサンクコストってやつですか?(笑)

 それで、まあ、もったいないから頑張らない程度に勉強を続けていくことにしました。いわゆる記念受験ってやつです。だいたい、1年で合格する人も少ない試験なんだし、最低2年以上係るんだったらそれでいいんでは。

 メーンの試験勉強の邪魔になってもいかんし…(苦笑)

 

 ああ、それにしてもどうしていいのかよくわからなくなってしまいました。どうせ、仕事をしてても定年までだし、それから先の仕事は持てないか、若しくは低賃金なんだったら、やはりこれに賭けるほうが正しいのじゃなかろうか。

 しかし、それにしても受からなさすぎる!!

 

 テスト結果が通知簿みたいなテキトーでしか出ないので、どこがどう悪かったのか実際のところよくわからないんだよねえ。ネットで見ると同じような解答をした人はどうも合格したらしいので、何か気が付かないところでアホな間違いをしでかしていたのか…。うーん。解答用紙を返却してほしいよね…まじで。

 

 そんなわけで、またしても受験産業にお金を貢ぐことになってしまいそうです。できたら社労士は貢がないで受かりたい(笑)