サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

遅れてきた青年…っていうか。

 abemaTVの宣伝なのかわからないですけど、ユーチューブにそこのコンテンツがいっぱい流れてて、つい見てしまいました。ウーマンラッシュアワーの村本さんのやってる番組です。

 最近、DHCテレビがいよいよ酷くなってきたので、さすがに嫌気が差してきていました。ネトウヨの内輪だけでやってるもんだから、どんどん際限がなくなってるんだと思います。先だっての百田さんの番組には、暴力事件を起こした人まで出てるくらいで、自分の敵対している相手だったら暴力も正当化するのかと思って、さすがについていけなくなりました。

 

 まあ、基本ネトウヨじゃないので、興味本位で見るのにも限界があるっていいますか…。

 

 そんなところにもってきて、村本さんの番組です(笑)

先日、LGBTの話で炎上してたんですけど、それで差別について考えるとか…いささかマッチポンプ的な感じの。しかし、おばさん的には中学生とか高校生の意見に真剣に答えている彼の姿に好感を覚えました。

 それで、その続きで2,3本見ました。中でも、宮台 真司と水道橋博士の回が面白かったです。っていうか、宮台さんっていまだにこんな感じなんや…っていう(笑)

 

 まあそれで、何となく最近村本さんが朝生とかに出たりする意味がわかった、っていうか。熱くて青くて反抗的で正義感にあふれるっていうのは、青年らしい青年の特徴っていう感じがするし、「賢い人」に対して、けっこう謙虚にわからないことを聞いてくるあたりが、おっさんたちに好もしいんでなかろうか。

 こういうおやじたちは、人に教えてやるのが大好きだから(笑)

 

 そんなわけで、この村上ってひとは最近リベラルな発言をするんやな、とわかりました。それとほぼおんなじ感じで、ロンブー淳も勉強しようと思ったんやな、みたいな。

 

 あと、彼がアメリカに行きたがってるのも知りましたけど、これも正直とってもわかるような気がする。日本は窮屈で、同調圧力がすごいし、はみ出し者にはきつい社会ですからね。

 私も、昔はそう思って、海外に行こうと本気で思ってました。ニューヨークに行ったときは、アメリカが本当に自由なところに見えたりしました…。なんか懐かしい…。アメリカに自由は待ってるんだろうか。

 

 しかし、彼はマシンガントークで言語能力高そうだから、英語もすぐに上手くなるんじゃないかな。やっぱり、語学はおしゃべりな人が絶対上達しますからね。無口な人がいくらTOEICで何百点とっても役に立ちません。

 日本で言うところの、厚切りジェイソンぐらいしゃべれたら、行けるんじゃないですかね…。