サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

保毛田さんと小池さん

 先だって、テレビをザッピングしてたらとんねるずの保毛田保毛男をやってて、

「まだこんなことしてるんだなあ」

とか思ってたんですけど。

 チラッと見ただけでチャンネルを変えてしまったので、どういう内容だったかまでは、確認しなかったんですけど。これが何だか大問題となって、提供しているJeepがスポンサーを降りたそうです。

 

 差別ネタは、どうにも笑えないと思うので、バラエティとしてもどうかと思いましたけど、Yahooとか見るとコメント欄に

「なんでもかんでも批判して、窮屈になったもんだ」

みたいな投稿で溢れてて、こんなことで笑える人が未だにいるんだ、とかそっちのほうに感心しました。

 

 ちょっと前に小人プロレスやってる人が、NHKだかで、差別批判のために仕事がなくなった、みたいなことを言ってたんですけど、差別批判も去ることながら、障害者の人のやってるお笑いは、やっぱり笑えないし、痛々しい感じがしてしまうのが正直なところで。

 緊張と緩和のところの、緊張のほうがどうしても勝ってしまうんでしょうね。

 ぶっちゃけ、保毛田保毛男も小人プロレスも、『時代遅れ』なんじゃないの?みたいに思ってしまいました。

 

 二丁目でゲイの人(当事者?)に聞きました、みたいなのもあるんですけど、それによるとどっちでもいいって人が大半だった、とか。

 そもそも、二丁目のゲイの人がゲイを代表してるのか?って言う問題があるし、一般の人でも社会問題に全く関心のない人って多いのだから、当然のことを何を今更言ってるんだろう、って感じです。

 

 おまけに、

「当事者でもない人が騒いでる」

とかいう批判も噴飯もんで。ゲイってマイノリティだし、マイノリティの上に、自ら名乗らない人だって相当数いるわけなので、それを言ってる人が「当事者なのか当事者でないのか」その本人しかわからないじゃないかっていう(笑)

 あと、ゲイの人権運動する人がキライなゲイとか普通にいると思うし。あれですわ、男女同権が嫌いな女って、そこらへんに普通にいるのと同じように。

 

 男も女もゲイでもゲイでない人も、普通に社会生活している以上、その属している社会の「常識」に縛られているんですよね。女は控えめにしていなさい、とか、「差別と区別は違う」とかいう親に育てられた女性は、そういう考え方になるでしょうし、そういう社会のほうがしっくりくるんだと思います。

 

 近頃小池さんは、えらくバッシングされてるみたいですけど、これって差し出がましい女に対するバックラッシュなのかなあ、とかも思わないでもないです。

 しかし、小池さんも男社会で長らくやってきているはずなのに、オヤジがメンツに死ぬほどこだわる、ってことに気が付かなかったのかしら。それとも知っててやってるのか。あれかな、今流行りのサイコパスなのかな?(笑)