サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

専業主婦を養うつもりはないと言ってるのに

専業主婦を養うつもりはないと言ってるのに : 男性から発信するトピ : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大手小町にこんな投稿があったそうです。年収3千万円の37歳の男性が結婚相手を探してるのだが、いずれも専業主婦目当ての女性ばっかりで辟易としている、という内容らしいです。

 

いつの時代やねんと(笑)

 

普通のOLだとしたら、おそらく年収の上限は500万円程度だと思われます。大手だとしても、年頃の女性で年収400万円以上出してるなんてところは、あんまりないのでは?

この男性もおそらくは、通常の会社員ではなくて会社を経営してるのだと思います。だとしたら、別に釣りでもなくてありうる話だなあ。と思いました。おんなじようなことを、知り合いの医者のおじさんから聞いたことがありましたし。

まあ、彼はネットに書き込みはしないでしょうけども。

 

しかし、ごくごく普通のOLさんで年頃の子だったらせいぜいが年収300万円あるなしだろうし、現実問題としてそれほど重要な仕事を任されていることは考えられない状況なので(おそらく補助的な仕事とか…)毎日仕事が嫌で嫌でしょうがない人たちが大半なんでは。

こういう状況だったら専業主婦を夢見るのは当然といえば当然だと思いますねえ…。

 

でも、こういう子たちは要するにこの男性とは「身分違い」だろうなあ。とも思いました(比喩的に言ってます)

自分も事業してバリバリと仕事をしている女性も世の中にはたくさんいますし、子供もたくさん産んでる人を知ってます。

 

それで、当然ですけど、そういう人は、家政婦さんを雇っています。

 

そもそも、バリバリ仕事をしてなおかつ家事ができるわけないじゃないですか。一日は24時間しかないのだから。このトピの人にレスを返している人たちは、ほとんど嫁が家事をすると決めつけてますけど、なんで外注しないんですかと(苦笑)

おそらくは年間300万円以内で、家事は外注できると思います。

 

年間300万円以上稼ぐ嫁がただ家事をするがために専業主婦になるだなんて、損失が大きすぎませんか、と。それにこの年間300万円は物価スライドがあるとして多少上がるとしても、ほとんど固定費なんで、嫁がどんどん稼げば稼ぐほど家庭も国も潤うんですから。

 

配偶者控除も近々廃止されるそうですし、いい加減こんな話は打ち切りにしてほしいと思いました。

まあ、でも、毎日お金に困らずにのんびり趣味に暮らしたい、って意味なら私は、完全に専業主婦願望のこのおねえちゃんたちに共感してますが(笑)