読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

テレビ年寄り向け世代

 なんだか、いろんなことが起こって、いろんなことを書きたかったんですけど、結局テレビのことばっかり書いています。まあ、テレビネタが一番差し支えないっていいますか。

 

 今週のテレビでいえば、昨日の「世にも奇妙な物語」のオムニバスがとても面白くて良作でした。ただでこれだけちゃんとしたものを見せてくれるって、テレビってお得な媒体ですね。近頃は、テレビとか見ててものすごく「年寄り向け」を感じますけど、昨日のこのドラマはそんな感じもそれほどなかった。

 

 そういえば、その後アップルミュージックを継続してるんですけど、あれほど「嫌い」、「好きじゃない」、って登録してるのに相変わらずフランク・シナトラがお勧めに出てきます。ホンマ畜生(機械)の浅ましさっていいますかね。

 懐メロを聞くと、否応なくシナトラバーターなんでしょうか。シナトラを駆除できる方法を誰か教えてほしいです。もしかしてアップルにめっちゃババアだと思われてるんじゃないかしら。くっそぉ。

 

 そうそう、そんなわけで、テレビも近頃はびっくりするほど年寄り向けですよねえ。さんまとか、ビートたけしとか、タモリとか、未だに出張ってるのは、視聴者が年寄りだからじゃないかと思います。ヒロミって人も再登場してますけど、20年前にメーンだった人を引っ張り出すのは、年寄りにアッピールするからなのかなあ?

 

 健康番組は肩こりとか腰痛のことばっかりしてるし、若い歌手の歌番組も、昔の懐メロを歌ってたりしますし。紅白歌合戦とかは、まあ、たまにしか見ないんですけど、大物ゲストが今年は近藤真彦だそうですね。いや、もちろん知ってますけど、一般受けするとも思えないなあ…。

 サザンとかユーミンとかきて、近藤真彦かあ…。なんか、つながりが悪いなあ。あ、そうか。近藤さんは、アーチスト感がないからですかね?そういえば、長渕もそんなに一般的と思わなかったけどギリ、アーチスト感があったかなあ。

 

 あ、B'sとかだったら、ちょっとは納得だったんでは?ちょうど20年ぐらい前だしさ(笑)