サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

ゲーム実況って流行っているんだねえ

 けっこうゲームが好きなんですけど。PCゲームするために、ハイスペックモデル買ってるくらいですから(笑)

 今時は洋ゲーとかでも、かなり凝った内容のゲームがあって、映画を作るくらいの投資をして作るものもあるそうです。しかし、面白そうだと思うものの、かなり操作が難しそうなので、近頃はハードルが高いです。

 

 ちょっと以前に、ウィッチャーとかやってみたんですけど、操作が難しいのと、道に迷うのとで(笑)なんだか、途中でリタイアしてしまいました。キーボードで操作するのがダメなんだろうか、と思ってPC用のゲームパッドを買ってみたんですけどやはりダメでしたわ。なので、もう、諦めてしまってました(苦笑)

 

 そんなこんなな私でしたけど、近頃ユーチューブ動画見てたら偶然ゲーム実況の動画がおすすめされてて。FALLOOUT4でしたが。

 FALLOUTは、いつもスチームで見かけてて、面白いゲームらしいんですけど例によって操作が大変そうなので敬遠してました。なので、最初からやってくれるらしいので、見てみることにしました。

 

 いつも、謎にハマってしまったり、道に迷ったり、敵キャラにやっつけられたりして、ちっとも話が先にすすまないのに、ゲーム実況ならサクサク進むわ進むわ。おまけに、私が見たのは2BROの弟者さんがやってるやつで、またこの弟者さんの声がなんとも素敵(笑)

 ゲームが上手で声が男前だと、ユーチューブでお金儲けができるんだなあ。とか、思わず感心しました。結局最後まで見てしまって、FALLOUTO4ってこんなゲームだってわかったので、買わなくて良くなりました。

 

 すっかり、弟者さんの声のファンになってしまったので、他のゲームも見ることにしました。何個か見てみたんですけど、中に「メタルギアソリッド5」とかが一番人気があるらしいので、それを今見ています。

 メタルギアソリッドって、昔からあるシリーズだよなあ…しかし、洋ゲーだったっけ?

 

 オープニングがいかにも洋ゲーぽかったんで一瞬思い違いをしましたけど、そうだそうだコナミのゲームだった。とか思い出しました。なんせ、FALLOUTと全然「画質」とかが違います。キレイっていうか何ていうか…。あと、「妖精」的なものが出てきたりするのも、なんだか日本的。それから、最初にミラーさんを救い出すんですけど、そこらへんがいかにも感傷的で、FALLOUTとくらべても全然異質です。

 FALLOUT4は、父と子の話しで、最後に「どひっ!!」っていうラストでしたけど、これがもし日本製だったらもっと泣いたり色々して感傷的になったと思うのに、「あ、そう…」みたいな感じでひどくさっぱり終わってしまってて。

 このメタルギアソリッドのミラーさんが最初っからグチグチグチグチ言ってるのとえらく対照的でした。

 

 あと、とにかく日本製ゲームは、ハンサムしか出てきません。FFとかでも、ハンサムでツルッとした人しか出てこないですし、SIMSとかでも、日本人がやってるMODのキャラとかも、ツルッとした美少年が主流ですし。ここらへんの感覚が洋ゲーと絶対的に違うところですかねえ。ちょっとブサ入ってるけどワイルドでカッコイイ、ってないんだよなあ…。

 

 でも、FALLOUT4と同じころに作られたこのメタルギアソリッド4のほうが、絵がキレイで動きもとてもスムーズです。やっぱり日本製は仕事が丁寧でスキがないっていいますかねえ…。

 今のところ、「MAFIAⅢ」ってゲームが気になってるんだけど、これってあんまり評価が高くないし、人気ないから弟者さんはやらないんだろうなあ…ん~。

 

 

 

 

沈黙 本も読んでみました。

 せんだって、「沈黙」の映画を見て、ぜひとも原作を読み返してみたいと思いました。それにしても、昔高校生の時に読んでけっこう感動したと思ってましたけど、二度と読み返すことはありませんでした。

 なので、かれこれ四半世紀前の本を発掘するところからでした。

 

 本は簡単に見つかりました。何度か買った本を大量に処分してましたけど、この本については、けっこう感動ししたという思い出があったので捨てなかったからです。となりに「死海のほとり」っていう同じ遠藤周作の本がさしてあったんですけど、全くストーリーの記憶がないので、おそらく「沈黙」がよかったから、これも読んでみようと思ったけど面白くなかった、ってことだと思います。

 当時は親に本代を出してもらってなかったことを思うと、よくまあこんな真面な純文学の単行本を少ない小遣いを貯めて買ったものだ、と、感心しました。

 

 それにしても、ちょっとびっくりしたのは原作の本の背景描写でした。ほとんど具体的な描写がないので、映画であんなにリアルに表現されてたことに改めて驚きました。映画って、イマジネーションの世界なんだ。って改めて感心してしまいました。

 穴吊りにしたって、あんなふうな感じには想像してなくって、正直、必殺仕事人とかで町娘が地下牢で拷問されるみたいな感じを想像してました。ネットで検索してみると、映画みたいな昔の絵がたくさんでてきたので、納得しましたけど。

 

 なるほど改めて、映画が原作に忠実なのを確認しましたけど、トモギ村のイチゾウたちが海で磔刑にされる場面は、3人でなくて2人でした。キリスト教徒なら絶対に、キリストの磔刑を連想するし、キリストが他の罪人たちと3人で磔刑になったのに倣いたい気持ちを我慢できなかったんだろうなあ。と思います。

 

 あと、原作を読んでいて気がついたんですけども。主人公たちの宣教師たちは、日本に「布教」ともしかしたら「殉教」に来るわけなんですけども、ずっと自分とキリストの殉教とを重ね合わせているんです。もう、最初っからずっと。

 これを見ると、彼らが本当に自己中なのがわかります(笑)自分の行動に酔ってるんです。

 

 最初に、ヨーロッパの宣教師たちが簡単に殉教してしまう場面が出てくるんですけど、実は彼らも同じように「殉教する自分」に酔っています。しかし、奉行の井上さんのやり方は前の奉行のやり方とはちょっと違っていました。

 それは、彼らをキリシタンの村人と交流させることでした。同じように迫害されて、牢に入れられた村人たちと自由に交流し、自由に告解とかもさせました。

 

 村人を単なる無知な東洋の農民と見るのと、一人ひとりと膝を突き合わせて交流した人たちと見るのとでは、全然違います。とすると、何年も農民たちと交流してきたフェレイラ神父も同様で、ここで初めてこの宣教師の人は、村人を見殺しにできなくなってくるんだ、と気づきました。

 

 遠藤周作は、フランスに留学したことがあるそうですけど、当時の西洋人の東洋人を見る目はかなり酷かったんじゃないかと思います。私も以前、ヨーロッパで何ヶ月か過ごしたことがあるんですけど、国にもよりますが酷い差別を受けたことがありました。

 自分の考えこそが正しいと信じて、正しい考えを教えてやるのだという考えで勝手に布教してくる西洋人に本心を突きつけたのかな、と思いました。

 

 それでも、あなたたちの考えは正しいと言えるのか?

 

 と問いかけているんだな、と思いました。

 

沈黙 SILENCE

 映画を見に行ってきました。「沈黙」って小説の映画化をマーチン・スコセッシ監督がする、ってどこかで読んだのははるか以前のことだったと思いますが、とうとう映画が撮られて公開するっていうので、ぜひとも見に行かねばと思っていました。

 

 「沈黙」は、はるか昔に高校生だったときに夏休みの課題図書で読んだんですが、ものすごく印象に残っていました。当時はハードカバーで箱付きの本で。まだ、家の本棚にあるはずです。

 主人公のロドリゴが悩みに悩むあたりでものすごく感動して涙してしまった思い出があって。今回もそこで大いに泣いてしまうであろうと思っていました。

 

 あに図らんや、泣き所はそこではありませんでした。もう、前半の日本人信徒が次々に殉教していくあたりが最高潮でした。意外や、ロドリゴの悩みはそれほどでもなく、あれ?踏んじゃった。みたいな感じでした。

 これは、おそらく日本人の俳優さんの演技が半端なかったせいで、主人公の役をした人の思い入れが日本の俳優さんたちほどでなかったせいじゃないかと思います。

 

 それにしても。

 

 それほどまでに当時の日本人の人たちがキリスト教を信じた、その理由がどうにもよくわかりませんでした。西洋人たちがずっとキリスト教社会で、キリスト教徒なのはわかりますけど。どうしてまた日本人が。

 私は、実は中学生からミッションスクールで、毎朝ミサがあって、宗教の時間とかもあったわけですけども、ぶっちゃけクラスでも日曜学校などに行ってたのは、もとからおうちがキリスト教、って子くらいで。

 家が仏教なのにキリスト教徒になった子はほとんどいなかったんじゃないかと思います。ちなみに、うちは真言宗で全然仏教でした(笑)

 

 学校には、当時、「キリストに捧げられた」とかいう外国人の宣教師のおばあさんが居て、はるばるヨーロッパから日本に来られて、帰られることもなく日本の土地で亡くなられたんですが。

 それで、日本人にキリスト教を伝えようとしてミッションスクールなんでしょうけども。

 

 この人達は、もう故郷に帰ることは一切考えてなくって、それで日本に布教することが目的で。なにしろ、そういうことだから、ある意味命がけで。考えてみたら、それほどの使命感がなければできないことではあるよなあ…。とかは思いました。

 考えてみたら、戦前の共産党員とちょっと似てるのかも。

 

 宣教師たちがヨーロッパの覇権主義の尖兵なんだとしたら、戦前のコミンテルンも共産ソビエトの尖兵だもんねえ。どちらも、ある意味植民地主義の手先なわけで。でも、当事者はそういう意識はないよねえ?

 どちらも理想主義が国家に利用されていたわけだわねえ。

 

 考えてみると、韓国の慰安婦運動をしている学生たちにも通じるのかもしれないなあ。テレビとかでときどきそういう運動している韓国の学生を見かけるけど、もう正義に迷いがないもの。この動かしようのない正義を何故日本はわかろうとしないのか、と信じて行動してるよね。

 

 当事者は本気で、限りなく正義だけど、俯瞰して見るとまた違う様相が見える。

 

 ともあれ、映画はとても心に応えました。なんで又こんなに訴えてくるのか、もう一度よく考えてみたいと思いました。2時間40分もある映画なのに、息をつかせない展開で、原作に忠実なのにものすごく良く出来た映画だと思いました。映画技術がすごいのだなあと思います。アカデミー賞は、撮影部門だけノミネート。ちょっとしかかすってないのは、宗教すぎるからなのかもしれませんね。

 

トランプさんとか右翼?

 近頃ニュースでトランプさんのことがしょっちゅう報じられています。曰く、トランプさんがツイッターでこんなことつぶやいていました。とか。記者会見でブチ切れていました。とか。

 

 それにしても、まだ大統領でもない人のただのツイッターで右往左往するのがアホっぽいっていうか。アメリカだって議会政治をやってるので、一体からいくら大統領が権力者だといっても、ちょっとツイッターで呟いたくらいで事態が動くのかっていったらそうじゃないでしょうに。

 

 まるで、世界の専制君主が何か言ったみたいにいちいち動揺するのが、ばからしいです。

 

 それにしても、ネットニュースとかネット番組とかを見たり読んだりするんですけど、ネットは全体的に右翼的な意見が幅を効かせていて、これらのネトウヨさんたちの敵対視するところの左翼のみなさんは、一体どこにいるのか。もしかして、そもそもこの現代の世の中に存在しないんじゃないかと思うくらいです。

 

 ちょっと前に京都に紅葉を見に行ったときに、京都の街角を歩いていたんですけど、情緒のある町家の佇まいに友達が感動してたんですけど。

 でも、その情緒ある町家に赤旗の看板が上がってるのを私は見逃しませんでしたよ(笑)

 その古い町家は別に商売してる訳でもなく、しもた屋風だったので、おそらく住んでる人はおじいさんおばあさん、みたいな感じだと思うんですけど。実際、京都は昔から共産党が一番多かった地域で、共産党の府知事がよく誕生してたはずです。今はさすがに共産党じゃないよねえ。

 

 わたしの子供の頃は、よく春闘とかで電車が止まったりしてたから、あの頃が最高潮に左翼が人気だったと思うんですけど、さすがにあの頃の人達はすでに老人になってしまって、ネットにアクセスしてないのでしょうか。

 

 しかし、考えてみるともともと左翼って労働運動とかだったんじゃないかと思うんですけど、現在の労働環境ってそんなに良くなってるんでしょうかね。ネトウヨさんの番組とか見ると、沖縄とか韓国とかそんな話しばっかりなんですけど、左翼の運動って本来、別にそこじゃないはずだよねえ?

 要は労働者の労働環境の改善を目的としてるんでないの?ちゃうの?

 

 私も左翼の人が今実際に何をしてるのか(いや、そもそも左翼の人がいるのかどうか)よくわかんないんですけど、もともとの労働環境改善の運動するんだったら、世の中の共感もあるんじゃないかと思います。

 もっとも、このグローバリゼーションのさなかにかつての労働争議をしたところで、労働者の仕事が海外に移転してしまうだけなのかもしれませんけど。

 

 まあ、そうなると、トランプさんみたいに、自国以外の海外に工場建てるの禁止!!とか言わないと成立しなくなるってことか…。左翼が一周すると右翼ってことになるんだなあ。上手いことなっとるねえ。

ねほりんぱほりんとかテレビ

 それにしても、テレビばっかり見てる人みたいですけど(笑)

今日は「ねほりんぱほりん」の録画したのを見ました。最近は、見たい番組を時間のあるときに見るパターンで、なんせ夜11時すぎると眠くなってしまうので、リアルタイムに深夜番組を見られない状況です。

 

 そんなわけで、ディスクがすぐに満杯になってるために、順番に見ては消さないといけません。先だっては、渡辺謙大石静の脚本のドラマがあったので録ってたんですけど、データーがでかいので、とりあえずこれから消化するか、と思って見てました。

 ちなみに、このドラマ…渡辺謙がダメおやじの役なんですけど、眼光鋭すぎてダメおやじに見えない(苦笑)人の良いダメおやじ…って役だったらもうちょっと違う人をキャスティングしないとなあ…なんて思いました。全体的にあんまりおもしろくなかったです。二階堂ふみも、こうしてみると田舎臭い顔ですし。途中で見るのをやめようかどうしようか考えながらとうとう最後まで見ました。時間のムダっていうか…2時間ドラマはきついなあ。

 

 それで、「ねほりんぱほりん」は30分番組なので、多少は気が楽です。パペットのブタにモグラがインタビューするんですけど、「ナンパ学校」に通ってるおっさんがその日のゲストでした。

 今でも覚えてるんですけど、私が最後にナンパされたのは28歳の秋のことでした(笑)まあ、それ以後はぱったりとなしですけど。

 本屋で中年のおじさんに本の場所聞かれたので教えてやると、これから一緒にお茶しようとか言ってきたのです。

 どっから見ても40過ぎのおっさんなのに図々しい!!とか憤慨した思い出が(笑)

 

 そんななのに、その日のゲストの人はもう50歳手前なんですよ。そんなトシで成功するんだと思ってちょっとびっくりしました。まあ、しかしぶっちゃけ、世の中の美男美女ってごくごく一握りの人しかいないし、大抵はブサイク同士で付き合ってるので高望みさえしなければ意外と行けるのかもしれません。

 そんな風に見てると、途中から意外な展開が。

 

 どうも、その人は人付き合いが下手で恋愛下手で、人とどう付き合って良いかわからないので、「ナンパ学校」に通い続けているのだ、ということらしいのです。ははあ…。

 しかし、人とのつながりって、別にテクニックでどうこうできるものでないので、全然人との関係を築けないままこんにちに至っているのだそうです。

 

 なるほど。何だかしみじみしてしまいました。

 

 まあ、でも、人のこの、「恋愛」に関する意欲っていうか、執着っていうか、すごいもんだなあ。とか思いました。それのために、50になるまで大枚つぎ込んで「ナンパ学校」に通い続けるし、フランスの留学生は人を殺めたりするわけで、えらいこっちゃなあ。って感じです。

 ううむ。しかし、セミも8年も土の中にいて、出てきたら子供を残すだけのために1週間生きて死ぬわけですから、恋愛のために生きて死ぬってことは動物本来の生き方なのかもしれませんなあ。

 

 それを言うと、つくづく私は自然を失ってるのだなあ~とか思いました(笑)

慰安婦問題とか

 それにしても、テレビで連日「少女像」の件が報道されています。なにやら、釜山に「少女像」が建てられたので、日本は外交官を呼び戻したり、スワップ協議を延期したりして抗議したそうです。

 

 正直私はそれを聞いて、ちょっとぞっとしました。何となく、電車に乗ってると、今まで静かに隣りに座っていた、ネクタイして、背広着て、普通の紳士なのかと思ってたおっさんが、いきなり怒鳴り散らかし始めたような気分になりました。えっと、あの、大阪の地下鉄で、ごくごくたま~にあることなんですけど(苦笑)

 

 ネットだと、右翼おやじが多いので、このことに対しては概ね

「よくやった!!」

とか言う意見みたいです。しかし、客観的に見て、またしても話がこじれてうまく行かない上に、この調子だとあと10や20くらい「少女像」が建っちゃっても不思議じゃないと思いました。

 まあ、おそらく結果的に逆効果みたいな気がします。

 

 日本政府は「不可逆的」に「韓国政府と」協議して、もう二度と慰安婦問題を蒸し返さない、って決めた。とか言ってますけど、これ、何にも韓国内の人たち全員と協議したわけでもないし、韓国って、専制君主制でもなんでもないんですから、韓国のなかの、「絶対に日本を許さない」人たちは「自由」に少女像を建てるよねえ。

 しかも、大統領が弾劾されるかどうかっていう状況のなかで、無理筋の強攻策だと思いました。

 

 有りがちだけど、脅かしたり圧力かけたりして物事が上手く思い通りになることはほぼないし、たとえ思い通りにしたとしても、強行された反感が募るだけじゃないのかと思います。まあ、例えば職場の上司のオヤジがヒステリーを起こしたときのことを考えたらわかると思いますが。

 

 まあ、私も日本人なので、これらの報道で毎度毎度嫌な気分になるのは、そこだけ言えばネトウヨおやじたちと同じですけどもね。

 

 それにしても、戦時中の人たちがもう一線退いて長いので、もう、戦時中のことを覚えてる人は日本の中枢にいないんですよねえ。なので、韓国に対してある種の引け目とか感じる人がもう、一人としていないでしょうね。

 今までは、そういう引け目のある人達が、「あのときは悪かったな、まあ、これでこらえてくれ」とか、まあ、会うたびに言ったり渡したりしたのかもしれないけど、その息子たちが、自分のしたことでもなんでもないことで、しかも、直接おやじから聞いたわけでない「また聞き」の事案で、なんで謝らなきゃいけないんだ!とか言ってるんですね。

 

 なんか、職場で、従来先代の社長の知り合いのおばあさんに対してタダでサービスしてたものが、先代が引退したのに、まだやってきてタダでサービスさせるおばあさん、とか居ましたけど。あのときの社長の息子と職場のおっさんたちの態度を彷彿としました(笑)

 おそらく、おばあさん的には、それ相応のことを先代のじいさんにはしてるんだろうと思うけど…。

 

 この場合、当時の「それ相応のこと」を息子に説明してなかった先代が悪いと思うんですけど、どうでしょうか?(笑)

 

  

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

 

 ということで、正月早々、年賀状のお返事を書こうと思って去年の画像ファイルを出して刷ろうと思ったら…恐れていたことが…

 今年が何年か混乱する話を書いたと思うんですけど、やっちまってました。2017年というところを2018年なんて書いてました(笑)ああ~。まあ、いいっちゃいいんですけど、ボケとるなとか正月早々思われてしまったわ…。

 

 結局おせちは大晦日に作って、肉とかを当日に焼いたりしました。煮しめとかは、2度火入れをしたりして、本人的にはちょっと緩くなりすぎたような気がしていましたが、お客さんには評判が良かったです。みんな、だんだん歯が弱くなってきたからかしら?(笑)

 

 大晦日は、えんえん「紅白歌合戦」とか見てました。あんまりにも段取りが悪すぎて、ネットで相葉くんの悪口を読みながら見てました。あんなに国民的番組という大仰さなんだから、もっと一流の司会者とか使ってほしいと思いました。

 なんだか、全体的に「かくし芸大会」的でしたねえ。椎名林檎とかところどころ、前衛的だったりして、良くも悪くもバラバラ(笑)4時間もあるから、部分的なプロヂューサーが何人もいるんだろうね。3部とかに分けて、最初バラエティ風に、中は前衛実験的に、最後はオーソドックスにまとめる、とかあってもいいんでないでしょうか。

 

 昨日は「イロモネア」とか見てましたけど、必ずあんまり笑わない人を一人入れてるんですねえ…。私なんてめっちゃ笑うんですけどね。きっとあっという間に顔が隠れちゃう人ですね。

 会場もあんな視聴者参加に応募するくらいだから、笑いたい人ばっかりみたいな気がするんですけど、もしかして、中にそういうあんまりお笑い好きじゃない人とか何人か特別に呼んでるのかな?

 

 まあ、マッスルフォーは気持ち悪かったですけど。