サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

そんなに大変なことなのか

 先だって、成人の日に晴れ着を着付けてくれる会社が計画倒産した、とかいう話がニュースで出ていましたが、成人の日がそんなに大層なものだということに改めて感心しました。

 

 私も昔、成人したんですけど(笑)親に成人の日に行くのか?とか聞かれて、「え?行けへん」とか軽く答えた覚えが。もう、はなっから全然行く気がなかったんですけども(苦笑)

 

 だいたい、自分から志して、市長とかなんかよくわからないおっさんたちの講話なんか聞きたくもないし、丸一日も時間のむだすぎるし、その他に楽しいことが一杯あったので行かなかったと思います。同窓会的な感じもあったのかもしれませんけど、仲の良い友達はそんなものでわざわざ会わなくても日頃会いますしね。

 

 まあ、そんなわけで成人の日に参加できないことが、そんなに泣くほどのことなんだ!!とか思って逆にびっくりしました。そうなんだ…。なんか人によって価値観が違うからね。ただ、価値観だけのことでいえば、一般的な価値観を持つことって悪いことじゃないと思います。

 なにせ、世間一般の半数以上が考えている方に自分が属しているってことは、安全安心な人生を送るのにうってつけですからね。まあ、逆にそれに属していないと生きにくいってことになるかな。

 

 そういえば、大晦日にチラッと「笑ってはいけない」を見ました。ちょうどベッキーが蹴られているところでしたけども、チャンネル変えたらちょうどやってて、もしかして紅白で演歌やってるときだったんじゃないかな?(笑)

 あんまりにも痛そうで、全然笑えなかったです。普通に「痛いじゃないか!」とか言い返せるほどの痛さじゃなかったら、ちょっと笑いになりにくいんじゃないかと思います。

 

 熱湯風呂でもちょっと熱い程度だから笑えるので、全身やけどだったら笑えないのと同じかな。こんなもんで笑える人の気が知れない。あっ!これについては、世間の大半の人の意見と同じだ(笑)

 あと、黒塗りのネタは見てなかったけど、正直このご時世でそんなネタをするだなんて、どうかしてるよね。黒塗りについては、もう、ステレオタイプになってるし、西洋的には脊髄反射的に「アウト!」だろうと思います。それに、そもそもそんなことしたって、ちっとも面白くないのでいずれにしてもアウトでした。

君の名は。とか、朝ナマとか見ました。

 テレビでやってたので見ました。「君の名は。」最期に丸がつくんだ。そんなに、大ヒットするほど面白いかというと、微妙な…(笑)

 まあ、映画館で見たならと彗星が降ってくるあたり、きれいかもしれないし、そもそも画面が大きいからインパクトもあるかもしれないですが。これだと、夜中にしてた「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のほうが面白かったかな…。

 

 正直、主人公の男の子が何度も女の子の胸を揉むのが気持ち悪かった!!(苦笑)

 

 これをハリウッドで実写化するらしいですけど、主人公はやっぱり白人がするんでしょうか。ドラゴンボールも主人公白人だったからそうだろうなあ。まあ、いずれにしても見に行かないと思いますが。

 

 それで、他には朝まで生テレビが、ウーマン村本の件で盛り上がってるのもネットで見ました。例によって、録画データーを圧迫するので録画をしなかったんですけど、彼が出るなら録画してもよかったかな。

 東大の井上先生もファンなんですけど、村本さんにいつもの話が通じないのでイライラしてるのが見て取れてちょっと面白かったです。

 

 私は、非武装中立が良いとは思ってないけど、10年以上前だったら、普通に外国が攻めてきたら白旗上げる、とかテレビでは誰もが言ってたのでそれ自体別に新鮮な意見じゃないんですけど、今はもうそんな平和なことが言える時代じゃないんだなあ…。とか、逆に感慨深いです。

 ちょっと前まで、絶対に戦争を反対する人が正義だったのに、世の中って雰囲気に流されるものだなあ。とかね。

 

 でも、学者連中の村本叩きが酷かったので、どうかと思いました。憲法改正自体は国民投票で決めるものなのに、一般庶民を無知扱いするのはどうなんだろう。東大の学生みたいな人間ばかりでないし、一般庶民がわからないことを斬って捨てて、小学生並み、とか、これはこうなんだから、自分たちの意見に従え、とか言ってるのはどうなんでしょう。

 

 アメリカが好き勝手に始めてしまう戦争に、後ろからイヤイヤついていく、なんてことになるのはゴメンだし、「賢い人」が勝手に決めた憲法についていくのも嫌だっていうのが庶民の意見じゃないかしらねえ。

 まあ、朝ナマなんか見てる人が一般庶民とは思えないけども(笑)

 

 

 

おせちの季節だよ

 毎年この時期はおせちを作ってるんですけど、スーパーの商品の値段がここ一週間で20%ほど上がってしまって、年末商戦の理不尽さを感じずにはいられません。もう、それほど食べきれないし、色々と省略して良いんでないかな…などと考えながら、道路を走っていると、おまわりさんに一旦停止違反で切符切られましたよ。

 

 がっかりにもほどがある!!たけのこは高いからもう省略しようと考えてるぐらいなのに、国庫に何千円も徴収されるだなんて…。いや、おまわりさんもボーナス分働かなくちゃいけないのはわかるけど、微罪中の微罪で何千円も徴収しないでもらいたい。

 

 まあ、何となく今日は調子が悪いと思っていました。具合が悪いから、出かけるのはやめたいと思ってたんだ。とか思わずくどくど言ってしまう。まあ、悪いのはわたしですけどね!!

 

 とかまあ、年末だと言うのに愚痴っぽくなってしまいましたが。新年に愚痴っぽいよりかはマシではないでしょうか。お正月に嫌な感じを持ち越したくないので、郵便局に行って罰金を払ってしまおうと思ったんですけど、今日は考えたら土曜日なので、すでにおやすみでした。

 何かもう、今年は何かにつけて色々とついてないです。

 

 来年こそは、バラ色の人生でありますように。

絶望の淵

 今日は、くだんの資格試験の発表日でした。合格だったら官報に載ってるはずなんですけど…。…ああ、ううう…。ないわ。ない。

 ここのところ、リーチになってから長いので、周りの人は全員私がリーチだってことを知ってるし、仕事関係の人はその結果が官報に載るのを知ってるので、ダメだったことはわたしの報告なしにわかってしまうという、ある意味情けない状況でもあります。

 

 それにしても、どうしたものか。合格したら社労士の勉強を続けようと思っていたけど、けっこう勉強もしたのでもったいないし、これがいわゆるサンクコストってやつですか?(笑)

 それで、まあ、もったいないから頑張らない程度に勉強を続けていくことにしました。いわゆる記念受験ってやつです。だいたい、1年で合格する人も少ない試験なんだし、最低2年以上係るんだったらそれでいいんでは。

 メーンの試験勉強の邪魔になってもいかんし…(苦笑)

 

 ああ、それにしてもどうしていいのかよくわからなくなってしまいました。どうせ、仕事をしてても定年までだし、それから先の仕事は持てないか、若しくは低賃金なんだったら、やはりこれに賭けるほうが正しいのじゃなかろうか。

 しかし、それにしても受からなさすぎる!!

 

 テスト結果が通知簿みたいなテキトーでしか出ないので、どこがどう悪かったのか実際のところよくわからないんだよねえ。ネットで見ると同じような解答をした人はどうも合格したらしいので、何か気が付かないところでアホな間違いをしでかしていたのか…。うーん。解答用紙を返却してほしいよね…まじで。

 

 そんなわけで、またしても受験産業にお金を貢ぐことになってしまいそうです。できたら社労士は貢がないで受かりたい(笑)

年金ダイアルとか、宮司とか。

 何となく、今年のことは今年で終わらせたい、という気分になってしまってやけに忙しいです。

 年金の勉強をしているとフト疑問に思うことがあって、例の「年金ダイアル」に電話して訊いてみたんですけど。テキトーすぎてびっくりです。社労士勉強しはじめの私ですらか、ホントかな~?とか思ったりすることを平気で言います。

 「ということは、☓☓☓ということでよろしいか?」

とか念をつくと、ほにゃほにゃ話をはぐらかしたりして、疑わしいこと限りない(笑)

 

 その後別件で、再度年金ダイアルに電話すると、今度はいかにもおばちゃんが出てきて、一つ訊くたびに後ろの誰かに確認するんです。あとで見てみると、どうも年金ダイアルのオペレーターさんは普通に一般バイト募集していて、ドシロウトが電話口に出てテキトーなことを言ってるってことが判明しました(苦笑)

 それで、市役所に電話したら、普通によく知ってる人がさっと電話口に出てきて基礎年金とかの疑問に答えてくれました。あやふやなところは、年金事務所で確認してください、とかそれはそれでちゃんとしています。

 

 近頃は、市役所職員採用って激戦だから優秀だわ~(笑)その後、年金事務所にも確認したりして、年金ダイアルのおっさんは本当にデタラメを言ってたことが判明しました。知らなかったら後ろの人に確認しろよ。

 いやまあ、勉強のことでなしに自分の年金のことを訊いたわけですけど、それにしても年金ダイアルは胡散臭いし、逆に年金ダイアルのバイトはちょっと大変だと思いました。時給1,200円くらいじゃ、ちょっと神経持たないかもな…。私みたいに穏やかな人ばっかりじゃないだろうし…。

 

 それにしても、富岡八幡宮ですよ。私も子供の頃に、テレビで中継はいるほどの某大有名な神社の近所に住んでいたんですけど、何となくわかるような気がします。

 神社の境内で遊んでたら、ときどき社務所から人が出てきて毛散らかされてました。その社務所には、高級ベンツとかが何台も並んでるんです。近所の子供がちょっと遊んでるだけで怒鳴り散らかされて、しかも宮司が贅沢の限り…(苦笑)

 

 宮司のベンツ代になるかと思うと、お賽銭を上げる気にはまったくならなかったし、うちの両親もお参りすること一切なかった記憶が…。まあ、お賽銭つったって、宮司一家のポケットに投げ入れてるようなもんですからね。

 神社にしても、お寺にしても代々世襲だし、お寺はまだしも仏教っていうやろうと思えば深い思想があるっちゃあるけど、神道にそんなもん、ないよね。

 

 それに、容疑者の弟は、素行不良で宮司を辞めさせられたらしいですけど、その退職金に2億円…。世の中の会社員の生涯賃金にすこし足らないくらい?

 それも20年ほどで底をついてしまっていたとか。まあ、年間1千万ほど使ったらそろそろ無くなってるころですよね。確かに。

 

 世の中、途中貧乏になってもそうそうに生活レベルを下げられないんですよねえ…。

以前に知ってた会社役員の人が、もう本当に一般庶民なら夜も寝られないほどの借金で、しかも会社の業績も年間びっくりするほど赤字だったのに、それでも外車乗るのと週末ゴルフ辞めませんでしたからね…。

 

 そんなもんだよね。メンツがあるから。私も一介の受験生ですけど、おばはん仲間の高級フレンチの誘いを断ることができませんからねえ…(笑)

あ~あ。 

 

サンフランシスコの姉妹都市の話

 先だって、「ゴッホ」の映画を見に行ったんですけども、映画の予告が何本か上映され。そのうち二本くらいが、ナチスに迫害された話しだったです。戦後何十年も経つっていうのに、また今年もナチスの迫害の話が年に何本も作れられては作られて…。

 そんなのは、もうホントにお腹一杯なので、当然観に行く気はさらさらないわけですが。

 

 しかし、そういうのにいちいちドイツが反応してるのを見たことがないです。

まあなんか、聞くところによるとドイツでも、「そんなに言うほどユダヤ人とか殺してない」とかいう勢力があるそうですけど、それでも公には別にこんな映画が何百本も作られることに対して何にも言ってる様子はないわけです。

 

 まあ、要するに今のドイツとナチスは関係ないのでその映画に描かれているドイツ人たちは今の私達と違う。ということらしいです。当然ながらやったのは、70年以上前の人だし、大方の責任者は淘汰されてしまってるし、今現在手を下した人はいないわけです。

 もうそれは、日本でも同じことで。

 

 なんだか、大阪が、サンフランシスコと姉妹都市をやめるそうじゃないですか。

 慰安所があったのも確かだし、そこに何割かの日本人以外の人も居たのもたしかならば、もうそれについてこれ以上言及しなくていいんじゃないのかなあ。とか思います。

 人数がどうの、強制連行がどうの、って話があるけども、今何が問題になってるかというと、女性の人権問題なので。昔の日本でも同じことだったかもしれませんが、女性が売られて…つまり要は人身売買があって、それが本人の意志に関係なくされたならば、それはまごうかたなく人権問題なのであって。

 

 それを「そんなことはなかった!!」とかただただ言い立てるのも、ちょっとピントがズレてるっていうか…。逆にこういう非人道的なことは二度と起こってはなりませんよね、とか、そんなわけで日本はこんな人道支援をしましたよ10億円拠出とか。とかアピールすれば、世界(この場合西洋(笑))も「そうね、昔はいろんなことがあったけど、日本も努力してるよね。」

みたいになるのに。

 

 だいたい、西洋諸国も非人道的なことならバリバリにやってるわけで、それだって「昔はああだったけど今は反省してる」っていうふうにシレっとやり過ごしてるわけなんだから。日本もそういうふうにやり過ごしたら、大騒ぎして逆に政治利用される、みたいな馬鹿なことにならんのに。

 

 とか、思いました。

最近のニュース

 先だっては久々に映画を見てきました。「ゴッホ~最期の手紙」マイナー館でしかしてなかったので、わざわざ神戸まで行って見に行きましたよ。感想?うーん…。

 アニメ作品だと思ってたんですけど、全然アニメでなかったです。実写にゴッホ風に色を付けてみました。って感じの作品。最初の10分でその仕掛けに飽きてしまって、手間はそれはそれでかかってるんでしょうけど、コピーの下絵に色を塗ってるみたいな手抜き感がしてきて良くなかった。

 これ、実写映画としたところで、大して面白くなく、最期は本当に退屈。というところで、こんなことだったらアニメのKUBOを見に行ったら良かった、とか思いました。

 

 まあ、何ていうか、ゴッホさんがかなり病み気味だったってことがわかったくらいです。いや、そんなことは最初から知ってましたけど。っていう(苦笑)

 山田孝之が声優で頑張っていました。

 

 最近のニュースというと、貴ノ岩の話でもちきりですね。色々と勝手な憶測で色んな報道されてるけど、貴乃花親方は昔から「相撲道」一直線でちょっとどうかしてる人だから、ウソはないだろうと思っています。

 そんな人なのに、陰謀なんてするわけ無いし、リンチがあったことを告発してるだけなんじゃないかと思うのに、どこをどうしたら日馬富士が被害者にすりかわってしまうのか不思議でなりません。

 

 まあ、でもここのところ、人々も昔、横綱貴乃花か大好きだったことを思い出してきたみたいで、良かったと思っています。

 それにしても、ネットニュースとか見てると、お母さんがテレビとかに出てきて貴乃花擁護しまくりみたいですね。これを機会になんとか、仲直りをしたいと思っているのかなあ…。

 なんていうか、不動産買うときには金を出さない親ほどアドバイスをしてくる、っていうから、金はだせないけど頑張って協力だけはしたいと思ってるんでしょうね。私も普通の一般庶民なので、親子も兄弟も元気に仲良くしてほしいとか普通に思っています。