サリチル酸インドメタシン

常に肩凝っています。

ノーベル賞と深夜アニメ

 カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を取ったらしいです。テレビを見てると、どの街頭インタビューでも読んだ人がいなかったのが衝撃でした。けっこうベストセラー作家なのに…。

 せんだっての、ingresと一緒で、流行ってると思ってたら、けっこうマイナーだったってことでしょうかね?

 わたしの周りでは「日の名残り」を読んでない人のほうが少数派じゃないかと思いますわ。「わたしを離さないで」も普通に面白かった。

 

 そういえば、先日NHKの白熱教室でも講師として自分の文学論(?)をやってましたね。最初は、日本人を主人公にして書いてたんだけど、これだと一部にしか受けないので、主人公をイギリス人にして書いた。別に内容自体は変わらないんだけど、そうしたら大勢に受け入れられた。みたいなこと言ってましたかね。

 やっぱり世界基準は西洋人なんで(そもそもノーベル賞を決めてるのが西洋人)なんで、村上春樹も主人公を西洋人にすりゃいいんじゃないですか、っと。

 

 昨日は、ノーベル平和賞が発表になって、原水爆の反対運動の団体が取ったそうです。まあ、核廃絶はそれ自体は別に良いんですけど、平和賞ってなんだかな~って思ってます。

 なんか、世界の中の一介の小国にすぎないくせに、西洋的で独善的な価値観で世界政策に影響力を持とうと考えてるところがすけて見えて、胡散臭いし、ちょっとばかり不快。

 

 そういえば、昨日テレビの深夜アニメで「キノの旅」とかしてました。初回は、人を殺すことができる国の話し、だそうです。録画で見たんですけど、まあまあ面白かったです。主人公が中二病の思春期なのが、若干辛いですけど(笑)

 まあ、要するに抑止力として、殺しても良いってことなんだそうです。子供向けのお話でもこんな話が普通に出てくるんだなあ…とか関心しました。

 

 他にももう一本なにげにアニメを録画してたんですけど、深夜アニメはディストピアなSFファンタジーばっかりなんだなあ。とか、ちょっと暗くなりました。

 

社労士勉強日記2

 まあ、そういう訳で社労士の勉強を続けています。この調子だと、10月中旬までに一通りは終わりそうです。今は、国民年金のところやってます。しかし、社会保関係の分野に入った途端、いきなり面白くないです。

 

 なんせ、普通に健康保険とか年金とかの加入関係とか保険料とか、実務に直結してる部分なんで、知ってるっちゃ知ってる分野でそこを細かくやるっていうだけのことですからね。

 それに、細かい数字を覚えないといけないっぽい。ここはもう、語呂合わせしかないっていう。ああつまんない。

 

 それに、2016年のテキストを使ってるから、改正が半端なく入ってるんで、激しく切り貼りしてます(苦笑)

 一応念のために、現行の条文を参照しながらテキストの読み込みをしてるんで、そこは大丈夫なんですけど、さすがに大幅に改正が入ってるところは、ちょっと時間がかかっちゃうねえ。まあ、4,000円ぐらいのが800円なんだから、3,200円分は働かないとってことですかね。

 

 条文を読み込む事自体は、まあまあ慣れてるから良いんですけど、こんなに条文ばっかり読むハメになるんだったら大学も法学部に入っておけばよかったとか思ってます。

 

 そうそう、先だっては「コンサルタントの企業術」って本を図書館で借りて来ましたよ。何だか、こういう分野のハウツー本が意外と図書館にありますね。

 近頃流行りのコンサルタントです。先だっての社労士のコンサルの本もそうでしたけど、このひとも(書いた当時)30代半ばだったみたいです。しかし、ものすごく経験を積んでるかのような書きようでプロフィール見るまでは、50歳前後の人なのかと思いました。

 

  しかも、どうやら高卒で、学歴がなくてもきちんと仕事をしていってるのがすごいと思いました。実際、経営で成功してる人って学歴関係ありませんからね。学歴は多少のアドバンテージがあるかもしれませんけど、仕事の出来ない高学歴ほどバカにされるものもないですし。

 

 口八丁で、話が面白くて色々と知ってて、そこそこ信用できる人が成功するってことなのかな?(笑)

 まあ、とりあえず頑張ろう。

保毛田さんと小池さん

 先だって、テレビをザッピングしてたらとんねるずの保毛田保毛男をやってて、

「まだこんなことしてるんだなあ」

とか思ってたんですけど。

 チラッと見ただけでチャンネルを変えてしまったので、どういう内容だったかまでは、確認しなかったんですけど。これが何だか大問題となって、提供しているJeepがスポンサーを降りたそうです。

 

 差別ネタは、どうにも笑えないと思うので、バラエティとしてもどうかと思いましたけど、Yahooとか見るとコメント欄に

「なんでもかんでも批判して、窮屈になったもんだ」

みたいな投稿で溢れてて、こんなことで笑える人が未だにいるんだ、とかそっちのほうに感心しました。

 

 ちょっと前に小人プロレスやってる人が、NHKだかで、差別批判のために仕事がなくなった、みたいなことを言ってたんですけど、差別批判も去ることながら、障害者の人のやってるお笑いは、やっぱり笑えないし、痛々しい感じがしてしまうのが正直なところで。

 緊張と緩和のところの、緊張のほうがどうしても勝ってしまうんでしょうね。

 ぶっちゃけ、保毛田保毛男も小人プロレスも、『時代遅れ』なんじゃないの?みたいに思ってしまいました。

 

 二丁目でゲイの人(当事者?)に聞きました、みたいなのもあるんですけど、それによるとどっちでもいいって人が大半だった、とか。

 そもそも、二丁目のゲイの人がゲイを代表してるのか?って言う問題があるし、一般の人でも社会問題に全く関心のない人って多いのだから、当然のことを何を今更言ってるんだろう、って感じです。

 

 おまけに、

「当事者でもない人が騒いでる」

とかいう批判も噴飯もんで。ゲイってマイノリティだし、マイノリティの上に、自ら名乗らない人だって相当数いるわけなので、それを言ってる人が「当事者なのか当事者でないのか」その本人しかわからないじゃないかっていう(笑)

 あと、ゲイの人権運動する人がキライなゲイとか普通にいると思うし。あれですわ、男女同権が嫌いな女って、そこらへんに普通にいるのと同じように。

 

 男も女もゲイでもゲイでない人も、普通に社会生活している以上、その属している社会の「常識」に縛られているんですよね。女は控えめにしていなさい、とか、「差別と区別は違う」とかいう親に育てられた女性は、そういう考え方になるでしょうし、そういう社会のほうがしっくりくるんだと思います。

 

 近頃小池さんは、えらくバッシングされてるみたいですけど、これって差し出がましい女に対するバックラッシュなのかなあ、とかも思わないでもないです。

 しかし、小池さんも男社会で長らくやってきているはずなのに、オヤジがメンツに死ぬほどこだわる、ってことに気が付かなかったのかしら。それとも知っててやってるのか。あれかな、今流行りのサイコパスなのかな?(笑)

 

 

社労士勉強日記(笑)

 その後、社会保険労務士の勉強は続けています。しかし、一般の労務士の勉強されている方には悪いですけど、これって、メーンの資格試験の結果待ちまでですんで…(苦笑)

 そのまま、それが受かっておれば勉強は続けるんですけどね。しかし、ほぼほぼの人(98%)は落ちる試験なんでしょ?

 その後、またしても図書館で労働法の本を借りてきて読んでいます。水町勇一郎さんの「労働法」(有斐閣)って本で、これまたなかなか面白いです。

 内容が割りとリアル現実社会の話しなので、入って来やすいってことですかね。

 

 肝心の労務士の勉強の方ですが、労働関係の大半をようやっと目を通しました。わたしの予定では、10月中旬に新しい参考書とか問題集がでるまでに、全体を一通り目を通しておくつもりなんですが。

 先だっては、「労働保険事務組合」のところをしました。これって、クライアントにたま~に入ってるところがあるんですけど、あんまり事業主にメリットが…とか思ってたんですけども…(苦笑)

 しかし、その割には意外と国からの奨励金が入ってるんですね。限度額が年額1000万円て!!(笑)

 厚労省天下り先かよ。お手盛り制度だよなあ。

 

 今時、計算が手にあまるほどの会社だと、給料計算ソフトを入れてるだろうし、給料計算ソフトには例外なく社保関係の申請書とかを作る機能があって、正直、「労働保険事務組合」に提出する資料って、もう、はっきり言って「写すだけ」の資料なんですよねえ。

 昔は、給料計算って手計算でしてたから、それなりに意味があったのかもしれませんけど、もう、ないよね。税金の無駄遣いだね。とか思いました。

 

 図書館に、「社労士が年収1000万円稼ぐ一番シンプルな方法」なんていう本もあったので、これも借りてきました。今まで社労士単体の仕事って、考えたことがなかったんですけど一応参考のために。

 この著者の人自体は、社労士でもなんでもない、要するに経営コンサル、らしいです。最近、コンサル業ってめちゃめちゃ多いですよね。まあ、大半胡散臭いわけですが。

 それで、一般社労士の仕事が「給与計算」と、「就業規則の作成」と各種手続きだと知りました。

 え~~!!です。

 

 そんなことで、いちいち社労士と毎月の顧問契約する人、いないでしょ!!っていうか、「労働保険事務組合」とやってること一緒やん。それだったら、労働保険事務組合に頼むよ。毎月5000円くらいの会費なんだから。ずっと安い。

 まあ、本ではこんなことではダメですよ。って書いてあるんですけど、そんなこと素人でもわかる。だって、労働保険事務組合だって無駄だって言ってるんだから(笑)

 

 私もそんなことで、社労士の勉強してる訳でなくって、今時問題なのは、労働契約問題だよね。つまり事業主と従業員のトラブル回避で、私もこれを知りたいわけですわ。補助金なんかの申請は、それほど難しくないですからね。

 

 その割には、労働契約って社労士試験の「一般常識」の一部なんだね。ニーズとちょい不釣り合いだね。

ほんとうになんか酷い

 日曜のテレビは、概ねビデオかユーチューブで見るんですけども。午前中は大切な頭が働く時間帯なので、大体勉強しているのでテレビを生では見られないのです。

 以前は「ワイドナショー」がちょっとおもしろくて見てたんですけど、最近は松本人志のコメントが酷すぎて。単にニュースを面白おかしく茶化してるうちは良かったんですけど、最近は普通にコメントとかするのです。

 

 やっぱりダウンタウン全盛時代を知ってる世代なんですけど、松ちゃんが日に日に普通の「尼崎のおっさん」になっていくのを見るのはつらいです。若いときは、頭の悪いゴーツクおやじたちを嘲笑って笑いに変えていたはずなのに、そういうオヤジに今やすっかりなってしまっているという。

 体罰の話とかも眉をひそめるけど、先だっての「強いものイジメ」は、いくらなんでもシャレにもなりません。

 

 昔、島田紳助サンデープロジェクトだかに出たときはもっと謙虚で、もっと勉強してたと思います。先だって、どこかのトーク番組で、オードリーの若林が

「いま、家庭教師を頼んで社会情勢の勉強をしている」

とか言ってましたけど、もしかして、彼は情報番組の司会とかするのかもしれません。みんなちゃんと勉強しているのに、松本人志だけは、全然勉強もせず、教養もなく、脳内垂れ流しでコメントするのでもうホントに聞いていられない。

 

 そんなわけで、途中でテレビのスイッチ切りました。まあ、気に入らなければ見なきゃいいんですからね。でも、昔ファンだったので、もうなんだかトホホって感じですわ。

マンガの参考書…

 例によって社労士の試験用の本とか見てたんですけど。本屋に行ってみると、けっこう「マンガでわかる」系の社労士の参考書があってびっくりしました。えっと、2.3種類あるみたいでした。

 社労士を目指す人って、大海原のように広いのだなあ…な~んて、ちょっと思ったんですけど、一瞬思い返して、まあマンガで大筋を大体把握するっていうのも悪くないかも?とかも思いました。

 

 そんなわけで、中身をちょっと見てみたんですけど、私が予想していたものとはいささか違いました。なんだか、昔の新聞マンガみたいな絵で、しかもけっこう字が多いんです。

 数字とか、表とかもありました…。

 

 ええ~~~。

 

 こちとら、マンガで面白く知らず知らずに合格ラインとか思ってるのに、こんなに字が多かったら他の基本書と変わらんやん!!(笑)

 

 それに、だいたいこの本の出版社はターゲットをどこに置いているんでしょうか?まあ、若い人は間違いなくこの絵柄が嫌だと思います。んん~、だいたいからナディアのオタキングや、エヴァ庵野さんですら50代半端なんだから、アッピールするとしたら、60代以上70代前後とちゃうかしら?

 

 アマゾンで見てみると、大体毎年こんな本が出ているところを見ると一定の需要はあるみたいですけど、これを若干アニメ絵にするだけで、売上は倍増するんでないでしょうか?

 あと、もっとストーリー仕立てにしても良いんじゃないかと思いますわ。求職中の美少女が、会社に入社して、そこで下請け会社の工事の兄ちゃんと知り合って…とかしたら、全部ストーリーにできるやん。

 

 残念だと思いました。受験申し込みをする人だけでも毎年4万人もいるんだから、ベースが倍と考えても8万人。…まあ、ベストセラーとまでは行かなくても、べ、ぐらい狙えるんじゃないかと思います。人事の参考書にも使えるしね。

社労士の勉強って…

 その後勉強は続けています。さすがに基本書ばっかりだとあんまりおもしろくないので、労務関係の本を色々と図書館から借りてきました。

 

「会社が泣きを見ないための労働法入門」(日本実業出版社

 会社がこういうことで訴えられて、こういう判例が出てます、って内容の本です。割りと面白かったです。アマゾンの評で、今時こういうことで訴えられちゃうんだから怖い、とか経営者さん(?)のご意見が載ってましたが、正直なところ経営者と使用人でどっちが情報弱者かというと、かなりの確率で使用人じゃないかと思いますわ…。

 だって、経営者はよっぽどの零細でないかぎり税理士とかに申告してもらってると思うし、そこからとか他色々と社労士とか弁護士の接点はあって、実務的な処理を専門家にしてもらえると思うんですけど、使用人はそういうことあんまりないですからね。

 弁護士に行くにしても裁判するにしても相当お金がかかりますし…。

 

 そういう意味で、こういった本は経営者さんたちの危機感を煽って、自分たちの仕事を増やそう、という社労士さんたちの意図があるんだと思います(笑)

 

「ベーシック労働法」(有斐閣アルマ)

 どっかの社労士講座の講師さんが、「はじめての社会保障」って本を読めって、勧めてくれてたのでそれを借りに行こうと思って、図書館に行ったんですけど。その「はじめての…」のほうは、まあさすがに初心者向けっていうか、当たり前のことが載ってて学生向きだしで、もひとつつまらなかったんですけど、その隣りにあったこの本は割りと面白かったです。ちょっと自分でも買おうかと思いました。

 念のため、ちょっとサヨク的なので、ウヨの人は注意してください(笑)

 労働基準法を中心とした入門的な解説書です。現在の法規制にちょっと批判的な感じです。

 

 36協定って、ちょっと以前の会社でも話に出てたんですけど、これなしに残業させること自体が労働法違反だって知りませんでした(苦笑)もう、じゃああの以前勤めてた会社は本当に違法ブラックだったんだな、って今頃わかりました(笑)

 それでなくても、びっくりするぐらい残業してて(月100時間なんてとっくに超えてた)36協定した日には際限なく残業させられるんじゃないかと思ってました。本当に情報弱者です。

 それに、休日出勤当たり前でしたし、それを平日に振り替えてもらうってしてましたけど、それについても、割増賃金は別途払ってもらわないといけなかったんですねえ…。

 

  わー。本当に勉強になるわ!!(笑)

   

 そんなわけで、社労士のお勉強は意外と面白いです。社会保険については、年金関係とかFP試験で相当やってたので、だいぶん被ってるってわかりました。思ったよりも大変じゃなさそうです。